軽度認知障害は脳トレで治るのか?

この記事は2分で読めます

よく認知症の予防法として、脳力トレーニング(脳トレ)が有効だと言われます。

この脳トレは、軽度認知障害へはどれ程の効果があるのでしょうか。

 

どんな脳トレがある?

まず脳トレの効果を知る前に、脳トレはどういったものかご説明します。

脳トレには多くの種類があります。

 

たとえば、簡単な計算問題
簡単な計算問題

 

簡単なパズル

簡単なパズル

出典:http://toy7.net/



 

知恵の輪なども利用されます。
簡単な知恵の輪

 

このように脳トレは、簡単に解ける問題がほとんどで、無理せずに脳を動かすことを目的としています。

 

脳トレで軽度認知障害は治るか

では、ここからは肝心の脳トレで軽度認知障害が治るのかについてですが、残念ながら完治するとまでは言えません。

 

認知症への進行を遅らせる、または多少の回復は見込めるかもしれませんが、完全に治ることは期待しない方がいいでしょう。

 

私たちの身体はいつか機能の限界がきます。
死ぬまで万全な機能というのは現実的に難しいのです…。

 

なぜ脳トレが効果があるのか

最後に、なぜ脳トレが軽度認知障害に効果的なのか、その理由をご説明します。

 

その理由とは以下です。

  • 脳を使うことで脳への血流が良くなる
  • 血流が良くなると脳へ栄養がいきやすくなる
  • 栄養が増えたので脳の機能が改善される

 

脳も筋肉と一緒です。使うことで機能が良くなったり、改善されたりするんですね。

 

脳トレ以外の方法も

ここまでは脳トレを紹介をしてきました。ですが、軽度認知障害への対策として、脳トレ以外の方法もあります。

 

それがサプリメントです。

 

最近では、プラズマローゲンという成分が脳の機能改善に効果的という研究結果が出ており、かなり注目されています。

 
気になる方はこちら。
>>プラズマローゲンの効果とは

関連記事