介護・老人ホームを探すならベネッセスタイルケアがお勧め

この記事は3分で読めます

株式会社ベネッセスタイルケアは、『進研ゼミ』や『こどもちゃれんじ』等、教育・生活事業を全国に展開する株式会社ベネッセコーポレーションと同じベネッセグループの会社です。ベネッセスタイルケアでは、高齢者介護サービス事業、高齢者住宅事業、保育事業、学童クラブ事業を展開しています。

 

高齢者介護サービス事業では、入居型介護サービスを主体に、利用者様のご自宅へ伺い、ヘルパーが介護を行う訪問介護サービス、日中にご自宅と事業所の送迎を行いデイサービスセンターにて介護支援を行う通所介護サービス、研修・人材サービスを行っています。

 

ベネッセスタイルケアの入居型介護サービスには、「アリアシリーズ」「グラニー&グランダシリーズ」「ボンセジュールシリーズ」「くららシリーズ」「まどかシリーズ」「ここちシリーズ」と、計6種類の施設があります。
ベネッセスタイルケアの入居施設は介護保険法第8条第11項に規定する特定施設入居者生活介護に含まれる「有料老人ホーム」です。

 

有料老人ホームは、介護が必要な入居者に対して、サービス計画に基づいて行われる入浴、排泄、食事等の介護、洗濯、掃除などの家事や、生活などに関する相談・助言、その他必要な日常生活上の支援、機能訓練及び療養上の支援を行う施設です。

 

ベネッセスタイルケアでは、『その人らしさに寄り添う』ことを理念とし、自分で自分らしく生きる、その力になるために。どんなことがうれしかったのか、ゆずれないことはなにか、夢は何か。入居者様一人一人に対して、それまでの歩みを受け止めて、これからの毎日に深く寄り添い、共に歩む存在になることを目的としています。

 

ベネッセスタイルケアのサービススタイルは、「まるで自分で動いているかのように感じられる介護技術」「こころのありかをチームで見つける認知症ケア」「生き方とこだわりを大切にした生活プラン」「役割・可能性・関係性を大切にしたアクティビティ」「気働きと最後までの寄り添い」といった5つのコアバリューを基本にしています。

 

任せてよかったと思えるホームを目指すためには、サービスを利用する立場に立った考え方が大切です。入居者様、またご家族様が望まれる介護サービスを実現するには、「自分の親を安心して任せられるホームであるか?」「自分自身が入りたいホームであるか?」と常に問いかけ、良い答えを探すために、ベネッセスタイルケアには、大切にしている行動宣言があります。

 

1.「お客様本位」を常に考えて行動すること。
お客様の「自分らしく生きること」を何よりも優先することでお客様へ尊敬の念を持ち、“徹底したお客様志向”と“お客様との共創”がサービスの基本であり、お客様の満足度を高めることに妥協はしません。

 

2.「公明正大」に行動すること。
「誠実であること」が基本にし、法令・社内ルールを守り、ごまかしや偏見のない態度や行動こそが真の信頼を得るということを忘れず、常に事実に基づいた行動をしていきます。

 

3.「人の和と思いやりの気持ち」に満ちた行動をすること。スタッフの行動や表情の一つひとつがホームの雰囲気を作っていく大切な要素です。職場では、一人ひとりが、秩序と規律を重んじ、自
省と協調に心がけ、明るくやる気と活気に満ちた職場作りに積極的に取り組んでいます。

 

4「プロとしての自覚と誇り」を持って行動すること。
スタッフは、お客様にとって常に「サービスのプロ」でなくてはなりません。「それは、自分に対して誇りを持てる行動だろうか」という気持ちを忘れず、自己研鑽のための努力を積極的に行います。

 

5.「会社(ホーム)の価値を左右する」ものと認識して行動すること。一人ひとりが会社(ホーム)の顔です。その一挙手一投足がそのまま会社(ホーム)の評価につながることを肝に銘じて 行動していきます。

 

ベネッセスタイルケアの入居申込の際には、利用申込書/(夜間緊急時対応確認書)、健康診断書、保険証類、写真の持参が必要となります。利用開始時には、診療情報提供書と看護サマリーが必要です。

 

ベネッセスタイルケアでの契約時には、契約手続きが原則として本人となります。身体の状況によって、本人による手続きが不可能な場合は各施設が相談に乗り対応が可能です。

 

また、入居の際には、入居者の生活相談や様子といったことを伝えるために保証人が必要となります。保証人は、債務の連帯保証や身柄引き取りなどの役割だけでなく、入居者へのサービス提供にあたって、さまざまな場面でホームと連携していただく重要な役割を担っていただく方です。保証人が高齢の場合については、基本的に保証人様の年齢だけを理由にお断りすることはありませんが、保証人としての義務を果たしていただくことが困難となる場合に備えて、相談対応を行う場合があります。

 

また、高齢化に伴い、多くの老人ホームに空き室がなく、申し込みは終了しても待機状態になる方が少なくありません。ベネッセスタイルケアにおいても、空室状況が各施設によって異なります。
利用に向けては、「入居申込書類」を用意し、入居者の情報を元にホームで受け入れ準備を行います。期間は「健康診断書」の準備状況によりますが、概ね2週間程度となります。

 

ベネッセスタイルケアの契約者がベネッセのホームを選ばれた理由として、「立地条件」とほぼ並んで「スタッフの雰囲気や対応」を評価しています。ベネッセでは「自分や自分の家族にしてもらいたいサービスを提供する」という理念のもと、一人ひとりのお客様に誠実に向き合うことを大切にし、その「想い」を一つひとつの行動に表していくことを常に心がけています。こうした動きがお客様の評価につながっているのかもしれません。