同じ事を何度も言ったり、人の話を聞かない時の対処法

この記事は2分で読めます

認知症になると、

  • 何度も同じことを繰り返し口にする

という症状が見られることがあります。

 

それはなぜでしょうか?
また、どのような対処法が考えられるのか、見ていきたいと思います。

 

何度も同じことを繰り返し口にする原因

短時間のうちに同じことを何度も話すのは、認知症ではよくある症状の1つです。何か話した際、こちらが相槌を打って反応すると、また同じことを話し始める。こちらが何度うなずいても忘れてしまい、際限なく繰り返してしまうのです。

 

何故そのようなことが起こるのでしょうか?その理由は2つあると言われています。

 

まず1つ目が認知症による記憶力の低下です。記憶力が低下すると、自分が話したことさえ忘れてしまうのです。若い人なら、話したばかりのことを忘れるなど想像もできませんが、脳に記憶を保持するのが難しい認知症では、このようなことが平気で起こります。

 

もう1つの原因は、情報処理能力の低下です。認知症になると、一度に複数のことを考えることが出来なくなります。そのため、頭に浮かんだことをすぐに口にするようになり、結果的に同じことばかり話してしまうのです。

 

対処法

たとえ認知症の方が同じことを繰り返し話したとしても、決してそれを指摘してはいけません。本人としては、初めて話している気分でいるからです。

 

もし指摘してしまうと、本人の気分を害すのはもちろん、当人の記憶力や認知能力が低いことを、暗に伝えることになります。それは認知症患者にとって、最も辛い現実でもあるのです。

 

認知症患者というのは、自分では否定しているだけで、自分の脳が衰えてきていることを影で自覚しています。ですが、認めたくない気持ちがあります。なので、こちらがそれを言ってしまうと、怒ってしまう可能性さえあります。

 

ではどう対処すればいいのでしょうか。それは、じっと聞いてあげることです。正確には、ただ黙って頷いてあげるだけ大丈夫です。

 

介護する側の基本スタンスとして、認知症患者に高い次元のことを期待するのはナンセンスです。たとえば、何か話し始めたとき、「それは面白い話なのでは?」と期待するのは、あまり得策とはいえません。

 

事前に、「同じ話をする可能性がある。そして、ただ聞いてあげるのが私の役目」と心づもりをしておくことで、腹を立てずに対処することができます。

関連記事