認知症患者に「ポータブルトイレ」を上手に使ってもらうコツ

この記事は2分で読めます

「ポータブルトイレ」とは?

ポータブルトイレ

ポータブルトイレとは、いわゆる持ち運びができるトイレのことです。

 

主にはベッドのそばに置くことで、怪我や病気などで足元等に不安があり、自分でトイレまで移動することが難しいご高齢者の方たちによく使用されています。一般的に使用されているプラスチック製のものの他、木製や金属製、スチール製のものまで様々な種類があります。

 

持って移動することができることが長所ですが、あまり軽すぎるタイプのポータブルトイレを使用すると安定感がなく、場合によっては危険なシーンも想定されますので、利用者の状態と使用する環境に合わせたタイプを選ぶ必要があります。

 

「ポータブルトイレ」を使うのは難しい・・

ポータブルトイレを使いこなすには色々必要な要素があり、健康に過ごしている方には想像しにくい難しさがあります。

 

一つは利用する方の体力です。ポータブルトイレを利用するためには立ったり、座ったり、ズボンを脱いだり履いたりといった動作が必要になるため、一連の動作をこなす体力が必要になります。ポータブルトイレを活用する方は正規のトイレまでの移動が難しい方が使用するものでもありますので、使い方を誤れば事故の原因となり得ます。

 

もう一つは排泄の精神的な難しさです。使用を壁に囲まれて個室として利用できる通常のトイレと違い、寝室兼トイレとなってしまう状況での排泄は心理的に抵抗感が残り、スムーズな排泄につながらない可能性があります。

 

便利な反面で、スムーズに使用するのは意外と難しいものなのです。

 

「ポータブルトイレ」を上手に活用するコツ

ポータブルトイレは利用者にとって利用しやすい環境に置く事が上手に使えるポイントとなります。

 

例えば、ポータブルベッドの設置はなるべくベッドの近くに置いておくとトイレへの移動距離が少なくてすむため、移動の際の事故の可能性を少なくすることができます。

 

また、ポータブルトイレは通常のトイレと違い、どうしても排泄物の臭いの問題がついて回ります。そのため、消臭機能つきのポータブルトイレを使用したり、排泄物が溜まらないよう速やかに処理をし、清潔な臭いの環境を作るよう気を配ることがポイントとなります。

 

まとめ

ポータブルトイレを上手に活用すれば利用者の方が排泄を辛抱することがなくなり、生活の質を向上することができる重要な道具です。

 

通常のトイレと違い、便利な反面で使い方を誤ると事故の元になったり、臭い等が原因となってストレスの元となり、かえって利用者にとって不快なものになってしまう可能性もあります。

 

ポータブルトイレを導入する前には、

  • 利用者にとってどれがベストのタイプか
  • 利用者にとって安全・快適なものか
  • メンテナンスがしやすく、使い勝手が良いか

 

などをよく検討して、よりよい生活につながるトイレを選択しましょう。

関連記事