認知症の「デイサービス」とは?選び方や探し方など

この記事は2分で読めます

デイサービス

 

認知症のデイサービスとは?

認知症については高齢者であればある程度症状のみられるものですね。認知症の高齢者はもちろん、介護保険制度に基づいてさまざまな介護サービスを利用することができ、デイサービスも利用することが可能です。

 

デイサービスは現在どの地域にも複数の事業所があり、事業所ごとに特徴があるので、基本は利用者の気に入ったデイサービスを利用することが可能です。

 

しかしながら特に認知症の症状が重かったり、アルツハイマー型の認知症である場合は、デイサービスの通所を嫌がることもあるため、ある程度利用できるデイサービスは絞られてくると思われます。

 

中には認知症対応型通所介護をメインに行う事業所もあり、そのような認知症の利用者に対応すべく送迎の時間にに余裕をもたせたり身支度の手伝いも請け負う事業所もあります。

 

デイサービスの選び方

デイサービスには事業所ごとにさまざまな特徴があり、比較的介護度が高めの高齢者でも利用できたり、病気の後などでリハビリをメインに行うことができたりといったものがあります。

 

そして、認知症の高齢者がデイサービスを利用するには、ある程度職員が確保できていて利用者が一人で外に出ていかないように見守りができるような体制のできているところがふさわしいです。

 

デイサービスは居住する地域に複数あるため、利用者に合いそうなところを選ぶことが可能ですが、まずは介護認定を受けないことにはデイサービスを利用できません。介護認定を受けたうえでケアマネージャーに相談し、いちばん合いそうなデイサービスを選ぶと良いでしょう。

 

デイサービスの探し方

デイサービスに関しては、介護認定を受けたうえで地域の担当のケアマネージャーからある程度説明を受けることができます。ケアマネージャーに対して、認知症の症状に対応したデイサービスに通所したいと言えば、利用者に合いそうなところを探してくれます。

 

例えば、利用者がデイサービスに行くことに乗り気でない場合は、まずは半日だけでも通所できるデイサービスを探してくれます。

 

また、インターネットで情報を入手したり知人からの情報で良いデイサービスの事業所の話を聞けば、同じくケアマネージャーがその事業所と連絡を取って、定員に余裕があれば施設見学や相談をするなどの手配をしてもらった上で通所することが可能になります。

 

まとめ

認知症の高齢者がデイサービスを利用することは難しいことだと思われがちですが、デイサービスではそのような認知症の利用者に対応できるように職員を確保したり、送迎に余裕をもたせたり、身支度を手伝ったりするなどのさまざまなサービスを提供しています。

 

認知症で高齢者のご家族がいて、デイサービスを利用してほしいと思っているけれども「どうしたらいいかわからない」とか「本人が行きたがらなくて困っている」場合には、地域の担当ケアマネージャーに相談することで認知症の利用者一人一人に合ったデイサービスを探して利用することが可能です。

関連記事