「物忘れ外来」とは?検査内容や費用はいくら?

この記事は2分で読めます

「物忘れ外来」とは?

物忘れって、誰でも経験がありますよね。何かを取りに行こうとして、何を取りに来たのか忘れてしまったり。突然人の名前を思い出せなくなったり。一度や二度なら、特に気にはなりませんよ。

 

でも、それが繰り返し何度も起きてしまったら。加齢によって起こりやすくなることは知っていても、病気の可能性も考えられることなので、不安になってしまいます。

 

そんな方の為に、物忘れ外来というものがあることを知っていましたか?その物忘れが、加齢によるものなのか、病気のサインなのか、自己チェックだけでは分からないことを、専門的に検査してくれる場所なんです。

 

「物忘れ外来」の検査内容

物忘れ外来で行われる検査には、以下のものがあります。

  • ①血液検査:血液データの異常の有無によって、生活習慣病や甲状腺に関係する病気がないか調べます。
  • ②画像検査:頭の先から足の先まで、身体の中の状態を画像で確認します。腫瘍や血管の異常の有無を見ることができます。
  • ③生理学検査:脳波を調べて、より詳しく病気の原因を探ります。
  • ④神経心理学検査:口頭での質問や、図形、文字、絵を描くことで、記憶力、知的機能、認知機能を調べます。

 

検査の前には問診がありますので、現在治療中の病気や、内服中のお薬があれば、伝えるようにしましょう。ご自身では忘れてしまっている可能性もあるので、できればご家族に付き添ってもらうと良いですね。

 

「物忘れ外来」で何がわかる?

これらの検査の結果で、その物忘れが加齢に伴う自然なものなのか、治療が必要となる認知症によるものなのかを判断できます。また、加齢に伴う物忘れと認知症による物忘れの間に、軽度認知障害というものもあります。

 

この軽度認知障害は、そのまま認知症に進行するものと、そうでないものがあり、専門的な検査でなければ判断することはできません。

 

さらに物忘れの影には、認知症以外にも、脳や血液の病気といった悪性疾患が隠れているケースがあるのです。それら認知症以外の疾患も、物忘れ外来での検査によって知ることができます。

 

「物忘れ外来」の費用

物忘れ外来にかかる費用は、どのくらいになるのか気になるところですよね。

 

他の病気や怪我での通院と同様に、人によって検査の内容や通院回数も変わってきますが、3回の通院で約30000?70000万円程度の費用が必要になります。その病院が初めてかどうかで初診料がかかってきたり、紹介状の有無によっても費用が変わります。

 

目安ですが、3割負担の方の画像検査と問診では約7000円~12000円前後
さらに血液検査を加えると、約12000円~20000円前後となります。

 

予約の際に、検査についての費用や、保険が適用されるのか等、質問しておくとよいでしょう。

 

少しでも不安ならすぐに動くことが大事

いかがでしたか?物忘れは、誰にでも起こりうることだからと、放っておかれがちな症状ですが、実はその物忘れの裏には様々な病気が潜んでいる可能性があります。

 

認知症だったとしても、軽度の段階で気づくことができれば、お薬や生活習慣の改善で進行を遅らせることもできるので、少しでも気になるという方は早めの受診をお勧めします。

 

これまでは認知症というと、精神科や神経内科、脳外科を受診するイメージがありましたが、物忘れの症状だけで受診してもいいのかなと悩んでしまう方も多かったでしょう。そんな時は、悩まず物忘れ外来を受診するようにしてみてください。

関連記事