認知症でオムツを外して廊下で放尿する場合の対処法

この記事は2分で読めます

認知症になると、

  • オムツを外して廊下で放尿してしまう

という症状が見られることがあります。

 

それはなぜでしょうか?
また、どのような対処法が考えられるのか、見ていきたいと思います。

 

オムツを外して廊下で放尿する原因

認知症が進行すると、自分でオムツを脱いで放尿してしまうケースがあります。このケースでは2つの原因が考えられ、1つ目は排尿・排便による気持ち悪さです。

 

認知症になると尿意や便意をコントロールすることが出来なくなるため、自分でも知らないうちに排尿や排便してしまいます。そのため、尿や便がオムツについて気持ち悪くなり、オムツを脱いでしまうのです。

 

ですが、尿や便をしていないにもかかわらず、脱いでしまうケースもあります。オムツが濡れて気持ち悪いのかと思い、早めに取り替えても、一向に改善しない。こういった傾向が見られるのであれば、もう1つの原因が考えられます。

 

それが、オムツへの嫌悪感による自己主張です。認知症患者は基本的に、外界に対して注意が向きます。ですが、安心した環境にいるほど自らに注意が向くことがあります。

 

すると、今まで気にならなかったオムツに対して、「なぜ私はオムツをしなければいけないのか?」と疑問を感じるようになり、脱ごうとしてしまうのです。更に、放尿するということは、単にオムツを嫌がるだけでなく、オムツを履かせられる事に対する拒否の意思を示していると言えます。

 

対処法

では、オムツを外して放尿してしまうケースの対処法ですが、シンプルに「オムツ外し」が有効です。介護する側からすると「今さらオムツを外すことなんて出来ない」と思いがちですが、実はそんなことはありません。

 

認知症にかかった本人がオムツを嫌がるということは、「自分の力で排尿・排便ができます。」という意思表示であり、尊重すべきだからです。むしろ、オムツを使うほど認知症が進行していない可能性さえあります。

 

もちろん、今まで使っていたオムツを外すのは、介護する側にとってはとても不安なことかと思います。ですが、排便・排尿のタイミングを分析していくうちに、オムツが無くてもトイレでちゃんと出来るようにもなります。また、万が一の時に備えてポータブルトイレを常備しておくなど、放尿・放便に備えることも可能です。

 

このように、オムツを強制するのではなく、オムツを外しても生活できる環境を整えることが、結果的に介護する側も介護される側も助けることに繋がります。

関連記事