認知症で紙を食べてしまうなど異食をした時の対処法

この記事は2分で読めます

認知症になると、

  • 食べ物でないものを口に入れる
  • 紙を食べてしまう

などの症状が見られることがあります。

 

それはなぜでしょうか?
また、どのような対処法が考えられるのか、見ていきたいと思います。

 

紙を食べてしまうなど異食をする原因

認知症になると、家の中にあるものは何でも食べてしまったりします。紙や花など、本来であれば食べ物でないものをです。この現象は異食と呼ばれています。また、認知症の方が異食をする原因は、主に2つあると言われています。

 

まず1つ目が感覚機能の低下です。認知症になると脳の機能が低下し、それとともに味覚や嗅覚といった感覚機能も低下します。これらの機能が低下すると、匂いや味が分からなくなってしまいます。そのため、自分が今触っているものが食べ物なのか判断が付かず、食べてしまうというわけです。

 

また、2つ目の理由は口に物を入れる快感です。たとえば、タバコを吸っていた人が禁煙すると、口が寂しくなって食欲が増えたり、食べる量が増えるということがあります。あれも同じような原理で、人間はストレスが溜まると口が寂しくなる傾向があります。

 

そして、健常者であれば食べ物以外は口に入れてはいけないと分かるのですが、認知症の方は判断能力が落ちているため、つい欲望に従って何でも口に入れてしまうというわけです。

 

対処法

こういった異食の症状が見られた場合の最も有効な対処法としては、危険なものは手の届かないところに離しておくことです。認知症の方が危険なものを食べてしまうのは、ある意味では、介護する側の不注意とも言えます。手の届かないところに置いておけば、最悪の自体は防ぐことができます。

 

ただ、離しておくといっても、全てのものを防ぐことは難しいのも事実です。その場合は、少し雑な言い方ですが、口に入れることを容認してあげてください。そして、口に入れてしまったとしても焦らずに、他のものに注意を向けさせます。

 

たとえば、「他にもっと美味しいものがありますよ。」「こっちの○○を食べませんか?」など、今食べているものより良いものがあると分かれば、認知症の方の注意はそちらに向きます。このようにして、本来食べてもいいものに目を向けさせてあげてください。

関連記事