認知症でいつも何かを探していたり、ものを盗られたと言い出した場合の対処法

この記事は2分で読めます

認知症になると、

  • いつも何かを探している
  • ものを盗られたと言い出す
  • お金が無くなったと騒ぐ

などの症状が見られることがあります。

 

それはなぜでしょうか?
また、どのような対処法が考えられるのか、見ていきたいと思います。

 

いつも何かを探す原因

認知症になると、過去の記憶を維持する能力が低下します。そのため、自分が物をどこに置いたかを覚えることが出来ず、物を無くしやすくなります。

 

普通であれば、探しているうちに手がかりを見つけたり、記憶が蘇ったりするのですが、認知症になってしまうと思い出せなくなります。そのため、何かを探す場面が急激に増えるようになります。

 

また、この現象がひどくなっていくと「もの盗られ妄想」と呼ばれる被害妄想の状態にまであったりします。

 

もの盗られ妄想に陥ると、自分がものを無くした時に、周りの人間や家族を疑うようになります。ものが無くなるという経験ばかりするうちに自分のせいではなく、「ものがなくなる⇒他の人が盗った」と思うようになるのです。

 

対処法

ものを探す様子が増えたり、「ものが盗まれた」と被害妄想をした際の対処法としては、絶対に否定しないことです。

 

実は、人のせいにしてしまう心の奥底には、「自分がなくしたのではない」という自己防衛の気持ちが働いています。そのため、もしこちらが「あなたが無くしたのでしょう」と言ってしまうと、認知症患者を否定することになり、より感情的になってしまうのです。

 

ですので、もしご家族がもの盗られ妄想を始めたら、否定することなく、一旦は言い分を認め、「じゃ、一緒に探しましょうか」と言ってあげてください。自分が否定されないと分かれば本人は安心し、静かになることも多いです。そして、一緒に探すという姿勢を見せることで、更におとなしくなります。

 

ご家族の身からすると、盗ってもいないのに疑われるのは、当然気分の良いことではありません。ですが、認知症にかかった本人にとっては、それ(盗まれた事)が現実のように感じてしまうのです。ですので、反抗したくなる気持ちをぐっと堪え、是非、優しく対応してあげてください。

関連記事