認知症の親が事件を起こしたら、家族に賠償責任はある?

この記事は1分で読めます

「親が認知症で徘徊がひどい」「そのうち事件を起こすのではないかと不安」そんな方もいらっしゃると思います。認知症の親御さんが万が一にも事件を起こした場合、その家族に賠償責任があるのでしょうか?

 

解説していこうと思います。

 

認知症だから仕方ない

今までも認知症患者による事件というのは多くありました。ですが、そのほとんどは「認知症だから…」という理由で賠償責任までは至っていないのが現状です。つまり、現在のところは事件を起こしたとしても、家族に金銭的な負担がいくことはないかもしれません。

 

ただ、監督責任が大事

ただし、先ほどの例はあくまで家族が予測できない状況で事件を起こしてしまった場合の話です。家族の方がかねてから「事件を起こすかもしれない」という自覚があったにもかかわらず本当に事件に繋がった場合は、損害賠償を請求される可能性もあります。

 

また、その際の監督責任については、事前にその事態が予測できるものであったかが重要になります。

 

たとえば、あなたの親御さんが毎日徘徊するなどの行動が確認されている場合は、徘徊による交通事故が予測できますね。ということは、そのまま症状がひどくなって現実に交通事故を起こした場合、あなたにも監督責任が発生するということです。

 

何か起きる前に対策を

ということで、もし少しでも不安がある方は、できる限り早く対策を考えましょう。物忘れや徘徊の症状であれば民間介護施設、暴力的な傾向があるなら精神科隔離病棟などの特定施設も視野に入れましょう。

 

もしもまだ症状が浅いということであれば、認知症予防のサプリから始めてみるのもおすすめです。

関連記事