認知症になる前に必ずやっておくべき3つのこと

この記事は2分で読めます

このページでは、認知症になる前に必ずやっておくべき3つのことを紹介しています。

 

認知症はいつやってくるか分かりません。いざなって焦ることのないように、心の準備とともに身の回りの準備もしっかり進めておきましょう。

 

治療環境の準備

ご家族が認知症になってしまった際、まず問題として取り上げられるのが治療環境の話です。

 

自宅療養なのか、デイサービスか、老人ホームなのか。各家庭の環境や家族構成、現在住んでいる場所によって対応は変わってくると思います。

 

ただ、できれば自宅療法、またはデイサービスが望ましいです。認知症になってしまったとはいえ、お世話になった親御さんです。同じ屋根の下で暮らす方が理想的なのは言うまでもありません。

 

また、施設などに預けることで認知症とは違った問題が起きることもあります。

>>認知症で施設にいる親から「家に帰りたい」と言われた際の対処法

 

保険や遺言書などの契約書類の準備

認知症になってしまうとうまく字が書けなくなってしまったり、受け答えも難しくなります。そのため、自分で自分の名前が書けて意思表示がちゃんと出来る内に、契約書類の整理をしておくことが大事です。

 

たとえば、生命保険などは認知症になってからでは加入ができません。ですので、認知症になる前に入っておくと安心です。親御さんに保険を勧めるのは気後れする方もいると思いますが、これも親御さんのためです。認知症になって満足な治療ができないほうがよっぽど親不孝になってしまいます。

 

また、遺産があるようでしたら遺言書の用意もお願いしておきましょう。認知症になってからですと自分の資産が分からなくなってしまったり、遺言の判断ができなくなる可能性も高いです。

 

認知症の予防対策

ここまではどちらかというと介護側の準備について触れてきましたが、最後は認知症本人のための準備についてお伝えしておきます。それは認知症対策です。

 

認知症は想像以上に大変な病気です。「仕方ない」とは思わずに、是非早めに対策をして少しでも状況を改善してください。

 

たとえば、認知症予防のサプリメントを摂取するのも有効な手段です。脳トレなどで対策するのも有効ですが、それはなかなか骨が折れます。でも、サプリメントなら定期的に飲めばいいだけですので、誰でもすぐに始められますね。

 

 

関連記事