軽度認知障害と認知症の違い

この記事は1分で読めます

もしかすると、認知症かも??」、そんな不安や悩みはありませんか??

このページでは、軽度認知障害と認知症の違いについて解説しています。

 

2つの病気の大きな違い

軽度認知障害(MCI)は認知症の前段階の病気にはなりますが、認知症とは大きな違いがあります。

 

その違いが「日常生活に支障をきたしているか否か」です。

 

少し記憶機能が悪くなった、忘れっぽいなどの場合、それは認知症ではありません。軽度認知障害の可能性があります。

 

認知症の場合は記憶に関しても、かなり極端な症状が出ます。例えば、直前に起きたことを忘れたり、自分が今どこにいるのか、今何時なのかも判断できなくなってしまいます。

 

認知症にも種類がある

実は認知症、いくつか種類があるのはご存知ですか??

 

代表的なものではアルツハイマー型認知症、その他にも脳血管性認知症レビー小体型認知症など、今も種類は増えています。

 

各認知症によって原因や症状も異なります。そのため、一口に認知症と言ってもどの認知症なのかは病院で診察を受けないと確かなことは言えません。

 

「あれ?」と思ったら

ここまで軽度認知障害と認知症の違いについて見てきました。中には「あれ、私の家族もしかすると認知症かも?」と感じた方もいらっしゃると思います。

 

そういった方、悪いことは言いません。今すぐ病院の予約を取ってください。認知症の症状が少しでも悪くならないうちに、病院で診察を受けて治療を始めましょう!

 

逆に、「認知症ではないけど、軽度認知障害かも…」と思われた方、そういった方はまずサプリメントから試してみてはいかがでしょうか??

 

今すごく話題で、皆さん利用されているサプリメントがあります。

 

詳しくはこちらです。
>>軽度認知障害の対策

関連記事