増え続ける老後の悩み

あれ、お母さんが最近忘れっぽくなったな」「お父さんが物忘れが激しいな」などの悩みを抱えてはいませんか?


人間は歳を取ると身体が衰えるだけでなく、脳の機能も衰えてきます。物忘れ、ボケ、痴呆症など、歳を取ると脳機能の低下に悩まされることも増えてくるものです。これらの病は一見すると大した病気には見えませんが、実はかなり深刻です。



特に、「軽度認知障害(MCI)」にかかってしまった方は注意が必要です。テレビ番組で軽度認知障害を知って不安になられた方、または実際に病院に行って診断されてしまった方、是非この先もお読みいただいて、正しい対策を講じてください。





「軽度認知障害かも?」と感じたら…

まず軽度認知障害の疑いを感じたら、できれば公的な医療機関で診察を受けてください。軽度認知障害は認知症の前段階であるため、放っておくと50%の確率、つまり2人に1人が認知症に移行する怖い病気です。


ですが、仕事の関係で時間を取れない方や、ご本人が病院へ行くのを嫌がるケースもあると思います。その場合には、以下のような症状があるか確認してください。



  • 約束したことをよく忘れる
  • 名前を覚えられない
  • 自身で物事の判断ができない
  • 話がうまく伝わらない
  • 今まで出来ていたことが急に出来なくなる


これらの症状がある場合には、既に軽度認知障害である可能性が高いため、病院に行くことなくすぐに対策を進めるようにしてください。




軽度認知障害の対策は家族で

ただ、軽度認知障害の対策と言っても、実際に何をすればいいのか分からない方も多いと思います。


たとえば、「病院で薬をもらえばいいのでは?」と思った方のために先に説明しておくと、現在のところ日本では軽度認知障害用の薬というのはありません。認知症向けの薬はあるのですが、この薬は認知症と診断されるまで手に入れることができません。




こういった事情もあり、軽度認知障害から認知症への移行率が異常に高いのです。そのため、軽度認知障害から認知症へ移行させないためには、傷病者本人とそのご家族で対策をしていかなければいけません。


もし認知症に移行した場合、介護が必要になるだけでなく、脳機能の急速な低下から、平均寿命は7~8年になってしまいます。そのため、出来るだけ早く対策することで、認知症への移行率を下げるようにしてください。





そこで生まれた画期的な対策

長らくの間、軽度認知障害への有効な薬は無く、厳しい状況が続いていました。ところが、近年になって軽度認知障害への研究は急速に進み、2015年には遂に認知症予防へ効果が期待されるサプリメントが発売されました。


そのサプリメントが「プラズマローゲン」です。





従来の軽度認知症対策や認知症予防は、改善ではなく症状の悪化を防ぐためのものとされていました。なぜなら、脳の機能低下を防ぐことはできても、改善することは不可能とされていたためです。


ですが、脳疲労の権威・九州大学名誉教授でもある「藤野武彦」氏により、認知症は改善が可能であるという研究結果が出たのです。そして、その研究から生まれた治療薬が先ほどのプラズマローゲン。




このプラズマローゲンを活用すれば、認知症の予防に役に立つのはもちろんのこと、軽度認知障害の改善にも効果が期待できます。今現在、最も簡単かつ効率的に対策できるのは、間違いなくこのプラズマローゲンと言えます。



>>『プラズマローゲン』サプリの効果は?認知症予防にお勧めな3つの理由




今すぐに対策するなら

プラズマローゲンは病院での処方ではなく通販で購入できるため、病院に行って診断を受けずとも、すぐに手に入れることができます。


ちなみに、プラズマローゲンを購入する際は下記の公式サイトがおすすめです。その他の通販でも購入が可能ですが、やはり公式サイトが一番信頼できます。また、料金的にも一番安く手に入ります。


今すぐ軽度認知障害の対策、認知症の予防が必要な方は、下記をクリック!


↓ ↓ ↓

>>TVで話題の「知的ケア」高純度「プラズマローゲン」サプリメント

 

最近の記事

プラズマローゲンにはどんな商品があるの?価格など比較してみた。

認知症対策への期待が高まるプラズマローゲンですが、実はこのプラズマローゲンという名前は、商品名である以前に成分名でもあります。つ...